マイホーム

低価格で抑えれる平屋の魅力や注意点とは

マイホームを購入するときには住宅の階数を選ぶことができますが、近頃は低価格で建てることができる平屋の人気が高いといえます。このタイプの住宅の建築を検討していたり興味があったりするのであれば、事前にその魅力について詳しく知っておくと良いでしょう。また、この住宅を検討する際の注意点もあるので、さまざまな知識を身につけておくことが大切です。

平屋は低価格で建てられるだけではなく、フラットな住宅なので高齢化に備えることもできるというメリットがあります。自分たちの高齢化に対応することができるだけでなく、両親の介護や同居が必要になったときに対応しやすいという点も魅力的です。2階建ての場合は上の階への移動が大変になる可能性や、子どもが親元を離れてからは2階のスペースが全く使用されないという可能性があります。フラットな平屋を選択すれば、階段を使用する必要がなく、年齢を重ねても無理なく家のあらゆる部分を利用することが可能です。

2階建てを選択すると、建物に重さがある分、耐震性が低くなりやすいですが、平屋であれば上からの重さがないので耐震性能を高めやすいといえます。複雑な形の間取りにすると家全体の一体感がなくなり、地震などが起こったときに力をうまく分散することができないという問題が起こりやすいので注意が必要です。耐震性を高めやすいだけではなく、住環境を快適にすることができる点も大きなメリットになります。平屋は同じフロアに全てが揃った間取りなので、風の通り道をつくりやすく、風通しの良い空気の清潔な家にすることが可能です。

フラットな平屋では、高齢化にも対応でき、風通しが良く快適に生活できるなどのメリットが得られますが、建築の前に知っておくべき注意点があります。平屋は2階建てと比べると坪単価が高くなることが多いので、総額で平屋のほうが高くなってしまうだろうと2階建てに変更してしまう人がいますが、これは間違った考え方です。坪単価だけをみると平屋のほうが高くても、実際に総額を計算すると2階建てのほうが高くなることが多いので、坪単価だけをみて決めないようにすることが大切だといえます。同じ延床面積を確保しようとすると2階建てより総額が高くなることがありますが、現実的には必要な部屋数や間取りを考えると同じ延床面積になることはなく、平屋のほうが安くなると理解しておきましょう。注意点や魅力について正しく理解していれば、フラットで便利な満足度の高いマイホームを建てることができるはずです。

関連記事
noimg
マイホームを購入するとき頭金なしでも住宅ローンは組める?

マイホームを購入したいけれど頭金の用意が難しいと悩んでいる人も多いですが、実は頭金なしでも住宅ローンを組むことができます。ローンを組む場合、

記事を読む

解体現場
土地探しで重視すべきポイントとは

マイホームを購入する際、土地探しをする必要があるケースが多いですが、選び方を間違えてしまうと住み始めてから後悔することになります。長く住むた

記事を読む

マイホーム
ローコストな家を建てるには優先順位を決めたプランニングが大事!

低いコストでマイホームを建てたいと考えているのであれば、家づくりをする際に優先順位を決めたプランニングが重要となってくることを理解しておくべ

記事を読む

noimg
ローコスト住宅のコミコミ価格って何?

ローコスト住宅の建築を検討しているとき、コミコミ価格という言葉を見かけることがあります。この言葉の意味を正しく理解しておかなければ、損をして

記事を読む

マイホームと計画
ローコスト住宅のオプションの種類や注意点

マイホームの購入費用を抑えることができるローコスト住宅は、採用するデザインをシンプルにしたり、導入する設備を最低限のものにしたりすることで安

記事を読む

noimg
中古戸建てリノベーションとローコストの新築ではどちらがいい?

マイホームを購入するときに、中古戸建リノベーションと新築ローコスト住宅のどちらを選ぶべきか多くの人が迷ってしまいます。この二つを比較するので

記事を読む

noimg
子育てしやすい家をローコストで建てるためには

価格が安いローコスト住宅を建てるのであれば、シンプルな間取りやデザインになるので、子育てをしやすい家にすることは難しいと思われがちです。しか

記事を読む

noimg
ローコスト住宅で起きる欠陥住宅問題は何が原因?

ローコスト住宅を建てるときに欠陥住宅問題が起きるという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、さまざまな理由から不具合が発生しているこ

記事を読む