マイホーム

土地探しで重視すべきポイントとは

解体現場

マイホームを購入する際、土地探しをする必要があるケースが多いですが、選び方を間違えてしまうと住み始めてから後悔することになります。長く住むための家を建てることになるので、立地の悪さや近所の問題が感じられるような場所を選ぶと大きな不満を抱えることになるでしょう。実際に、マイホームを購入したけれど立地の問題で家を手放して引っ越すケースもあるので、こういった問題が起こらないように、土地探しに失敗しないために重視するべきポイントを知っておくと良いです。

土地探しをするときには、住環境を快適にするための日当たりや風通しも重要です。これらが悪ければ昼間でも電気をつけなければならない、洗濯物を干しても乾かないという問題が起こりやすいといえます。日当たりと風通しの両方が良ければ快適に生活できると感じるかもしれませんが、快適さは近所の家や住んでいる人によっても左右されるので注意が必要です。たとえば、騒音を出すような家があれば落ち着いて生活することができず、子どもが集中して勉強できないなどの問題が発生する可能性があります。騒音の問題がなかったとしても、家を覗いてくる近所の人がいる、自宅の敷地で勝手に立ち話をする人がいるなどの問題が起こることもあるので、その周辺にどういった人が住んでいるかチェックしておくことも大事です。

快適で近所の人に問題がなかったとしても、学校や会社、普段利用するスーパーや病院などへのアクセスが悪ければ、立地条件を見直すことが必要になるでしょう。子どもが小さいうちは保育園や幼稚園、小学校などとの位置関係を大切にするかもしれません。職場と自宅が遠ければ子どもが急病になったときにすぐに駆けつけることができないからです。成長してからは、小学校までは通学が楽だったけれど、中学校や高校はかなり遠いという問題が発生する可能性もあります。長期的なライフプランと家族全員の都合を考えながら立地条件を考えることが大切です。

他にはその地盤が安全であるかどうかも確かめておく必要があり、過去に地盤沈下が起こったような場所、埋め立てなどで形成された土地であれば地盤の脆弱さに不安があります。いくら価格が安く便利な立地条件だったとしても、長期的に安全に過ごすことができない場所であれば意味がないでしょう。地盤の安全性まで確認しておけば、地震や豪雨などの災害が起こったときでも被害を最小限にとどめることができます。マイホームを建てるための土地を探すときには、価格だけではなく周辺に住んでいる人や生活の便利さ、地盤の安全性などを重視し、満足度の高い土地を選ぶことができるようにしておきましょう。

関連記事
noimg
低価格で抑えれる平屋の魅力や注意点とは

マイホームを購入するときには住宅の階数を選ぶことができますが、近頃は低価格で建てることができる平屋の人気が高いといえます。このタイプの住宅の

記事を読む

マイホーム
ローコストな家を建てるには優先順位を決めたプランニングが大事!

低いコストでマイホームを建てたいと考えているのであれば、家づくりをする際に優先順位を決めたプランニングが重要となってくることを理解しておくべ

記事を読む

noimg
ローコスト住宅で起きる欠陥住宅問題は何が原因?

ローコスト住宅を建てるときに欠陥住宅問題が起きるという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、さまざまな理由から不具合が発生しているこ

記事を読む

noimg
中古戸建てリノベーションとローコストの新築ではどちらがいい?

マイホームを購入するときに、中古戸建リノベーションと新築ローコスト住宅のどちらを選ぶべきか多くの人が迷ってしまいます。この二つを比較するので

記事を読む

noimg
ローコスト住宅のコミコミ価格って何?

ローコスト住宅の建築を検討しているとき、コミコミ価格という言葉を見かけることがあります。この言葉の意味を正しく理解しておかなければ、損をして

記事を読む

noimg
マイホームを購入するとき頭金なしでも住宅ローンは組める?

マイホームを購入したいけれど頭金の用意が難しいと悩んでいる人も多いですが、実は頭金なしでも住宅ローンを組むことができます。ローンを組む場合、

記事を読む

noimg
子育てしやすい家をローコストで建てるためには

価格が安いローコスト住宅を建てるのであれば、シンプルな間取りやデザインになるので、子育てをしやすい家にすることは難しいと思われがちです。しか

記事を読む

マイホームと計画
ローコスト住宅のオプションの種類や注意点

マイホームの購入費用を抑えることができるローコスト住宅は、採用するデザインをシンプルにしたり、導入する設備を最低限のものにしたりすることで安

記事を読む