マイホーム

子育てしやすい家をローコストで建てるためには

価格が安いローコスト住宅を建てるのであれば、シンプルな間取りやデザインになるので、子育てをしやすい家にすることは難しいと思われがちです。しかしながら、工夫次第でローコスト住宅でも子育てのしやすさを実現することができます。具体的にどういったアイデアを採用することができるのかチェックしておきましょう。

小さな子どもがいる家庭の暮らしやすさには、マイホームの間取りが大きく影響しています。間取りが悪ければ家事や育児の最中に手間がかかると感じることになるはずです。たとえば、段差が多い家の場合は、子どもが転落しないように常に注意を払っておかなければなりません。キッチンとリビングが隔てられている場合は、食事の準備をしながら子どもの様子が確認できず、何度もキッチンとリビングを行ったり来たりすることになる可能性が高いです。幼い子どもがいても危なくないように段差を少なくすることが望ましく、家事をする場所から子どもの様子が確認しやすい造りにすることを意識すれば暮らしやすい家になります。フラットな住宅や間仕切り壁の少ない住宅はコストカットに繋がるので、低コストと暮らしやすさを両立したい場合は積極的に取り入れると良いでしょう。

子育てのしやすさを実現するためには、住まいの環境を整えることも大切です。日当たりの良さや空気の清潔さも重要といえるでしょう。太陽光が入りやすい大きな窓を設けたり、24時間換気システムを導入したりすることがおすすめです。いずれも、1,000万円台のローコスト住宅でも取り入れられることが多いアイデアなので、高い費用をかけずに実現することができます。日当たりの良さや空気環境の良さは子どもの健やかな成長やアレルギー症状の抑制にもつながります。小さな子どもがいる場合やアレルギー持ちの家族がいる場合には積極的に採用すると良いでしょう。

他には浴室乾燥機を取り入れることもおすすめです。雨の日でも素早く室内で洗濯物を乾かすことができ、小さな子どもとお風呂に入るときに温風を出すことで身体が冷えないなどのメリットが得られます。キッチンやリビング、浴室や至る所の段差など、さまざまな場所に工夫を取り入れることが、子育てのしやすさにつながると知っておきましょう。子どもに優しいだけではなく家族みんなが生活しやすい家にすることができます。建築費用のカットにつながったり低コストで導入できたりするアイデアばかりなので、取り入れてみることがおすすめです。

関連記事
マイホーム
ローコストな家を建てるには優先順位を決めたプランニングが大事!

低いコストでマイホームを建てたいと考えているのであれば、家づくりをする際に優先順位を決めたプランニングが重要となってくることを理解しておくべ

記事を読む

noimg
マイホームを購入するとき頭金なしでも住宅ローンは組める?

マイホームを購入したいけれど頭金の用意が難しいと悩んでいる人も多いですが、実は頭金なしでも住宅ローンを組むことができます。ローンを組む場合、

記事を読む

noimg
ローコスト住宅で起きる欠陥住宅問題は何が原因?

ローコスト住宅を建てるときに欠陥住宅問題が起きるという話を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、さまざまな理由から不具合が発生しているこ

記事を読む

noimg
低価格で抑えれる平屋の魅力や注意点とは

マイホームを購入するときには住宅の階数を選ぶことができますが、近頃は低価格で建てることができる平屋の人気が高いといえます。このタイプの住宅の

記事を読む

マイホームと計画
ローコスト住宅のオプションの種類や注意点

マイホームの購入費用を抑えることができるローコスト住宅は、採用するデザインをシンプルにしたり、導入する設備を最低限のものにしたりすることで安

記事を読む

noimg
中古戸建てリノベーションとローコストの新築ではどちらがいい?

マイホームを購入するときに、中古戸建リノベーションと新築ローコスト住宅のどちらを選ぶべきか多くの人が迷ってしまいます。この二つを比較するので

記事を読む

解体現場
土地探しで重視すべきポイントとは

マイホームを購入する際、土地探しをする必要があるケースが多いですが、選び方を間違えてしまうと住み始めてから後悔することになります。長く住むた

記事を読む

noimg
ローコスト住宅のコミコミ価格って何?

ローコスト住宅の建築を検討しているとき、コミコミ価格という言葉を見かけることがあります。この言葉の意味を正しく理解しておかなければ、損をして

記事を読む